傷病手当金受給中は、アルバイトをしてはいけないのでしょうか? 結論からいうと、基本的にはアルバイトをしてはいけません。 なぜかというと、傷病手当金を受け取る条件に、「就労不能」というのがありますよね。 就労不能とは、働く事が出来ない状態のことを指すので、アルバイトが出来ると言うのであれば、働けると見なされ、受給資格(取得していると自分の能力の証明になるでしょう)を失うことになるのです。 ただし、例外もあります。 例えば、本職とは全く関係のない内職くらいの軽い仕事であれば、認められる事もあるでしょう。 また、うつ病などの精神病で傷病手当金を受給していたケース、お医者さんがリハビリとして、アルバイト(ドイツ語の労働が元になった言葉で、バイトともいわれます)をした方が良いと勧めるケースがあります。 この場合も、軽いアルバイト(パートとの法的な区別はないらしく、あくまでも便宜上の呼び分けとなっています)であれば、認められることがあるようです。 いずれにしても、アルバイトをする場合には、しっかりと申請しなくてはいけません。 そして、その時、支給される傷病手当金は、アルバイト(パートとの法的な区別はないらしく、あくまでも便宜上の呼び分けとなっています)で得た収入を差し引いた金額になります。 そのため、隠れて働こうとする人もいますが、それをやってしまうと不正受給になるため、注意が必要ですー